[長岡純便りvol.3] 謹賀新年~年末のミッション・インポッシブル~

宝船 七福神
暮れも押し詰まり、与えられた時間は2日間。

独りで大掃除&自宅と実家 二軒分のおせち作りを完了するという、
ミッション・インポッシブルのゆくえは?



お掃除していると、ふと、暮れのご挨拶をしておきたい友人の顔が浮かんだので、電話してみた。

すると、やはり彼女も独り、大掃除に孤軍奮闘中。
話しが盛り上がった。

なんでも。。。

家族はそれぞれの用事で外出し、自分一人が必死に頑張っている。
新年を迎えるために、あれもこれもやらなくてはならないの・・・・

「私一人が頑張っている」感!

うん、わかるわかる。
実は私も去年までそのパターンだったわ。

でも、今年は発想をこんなふうに切り替えてみたら、なんかいい感じなのよ

その1   「~ねばならない」よりも「~したい」を優先。
その2   「完璧か」よりも、「気持ちがよいか」を大切に。
その3   お掃除の目的は、「汚れを取る」ではなく、「家に対する一年間の感謝」。
その4  おせちは手作りにこだわらない
その5  「愉しく作業」できなければ無理しない。

それを念頭に、優先順位と時間配分を決めて、いざスタート!

一年間家族を雨風から守り、心安らぐ場となってくださりありがとうございました。
そう思いながらお掃除すると、愉しい気持ちになって、
不思議と換気扇も簡単にきれいなった気がするの

そして、あらかじめ決めた時間になったら、さっさとお料理に取りかかる。


去年までは、「ねばならない」ばかりで、愉しくなかったわ。
だって、義務をこなすのは、疲れてしんどいでしょ。

ところが、ちょっとした発想の転換で、
愉しい時間を過ごせて、なんだか得した気分にさえなるのね~。

なぜか満足感のある、年末になりそうよ




さてさて、あなたは、どんな年末年始をお過ごしだったでしょうか?

本年もよろしくお願い致します。




コメント

非公開コメント

プロフィール

チームなないろのたね

Author:チームなないろのたね
子供の時代から人生の山や谷を経て、3人それぞれの今があります。それぞれの、子供たちとの関わりから紡ぎ出されるブログです。

★ゆうくんママ
目黒区在住
自閉症スペクトラム児の母

★いるか先生
公立中学校の教員 通常学級の担任を経て、現在は特別支援学級の担任をしている。 3歳年下のダウン症の弟がいる。

★長岡純(ながおかますみ)
千葉県柏市在住。 20歳と24歳の娘たちの母。 長女は乳幼児突然死で早逝。ヒプノセラピスト 公認心理師
→ プロフィール詳細(「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。)

運営

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新コメント