〈いるか通信 vol.4〉 ごちゃまぜのコミュニティ

こどもも、高齢者も
障害があってもなくても


「みんながごちゃ混ぜになって」


その人らしく活き活きと暮らせる
仕組みを作りたい。


そんなことを、数年前から考えていたら、
もうすでにありました。それが、
社会福祉法人 佛子園✨✨✨


先日、理事長の雄谷良成さんの講演に行き
負けず嫌いの私はちょっとだけ
先を越された悔しさを感じつつ(笑)


必ずや、これ以上の仕組みを創ったるで〜❗️
と、闘志を新たにしました🔥🔥🔥


これは、時々弱気になる
自分との戦いです。


その講演の中で私が最も感動し、
やっぱりそうか❗️
これぞ、ごちゃまぜの極意だ❗️
と思ったお話をご紹介します。


それは、脳性麻痺の男性と
認知症のおばあちゃんのお話。


脳性麻痺の男性は
首の可動域がほとんどなく
専門家が2年以上リハビリをしても
改善が見られなかったそうです。


しかし、ごちゃまぜのコミュニティの
中にいた認知症のおばあちゃんが、


この男性にゼリーを食べさせよう、
そうしないとこの子( 脳性麻痺の男性)が
死んでしまう


と考えるようになり、
毎日こちらに通って( これもすごい)
男性にゼリーを食べさせる努力を
するようになったそうです。


どちらも、重度の要介護者。


ゼリーを食べようとしても、
首が動かせない
ゼリーを食べさせようとしても、
手が震えてゼリーを落としてしまう。


そんなことが続いたようです。


しかし、ここからの展開が凄い!


この2人は、言葉を交わすことは
なかったようですが
お互いが相手を想う気持ちから
なんと、わずか数週間で

脳性麻痺の男性の
首の可動域が 70度も増えて
ゼリーを食べられるようになった
そうです。


リハビリの専門家が2年かかっても
改善されなかったことが


認知症のおばあちゃんの
男性を想う気持ちと
それに応えようとした男性が
起こした奇跡✨✨✨


どんな人にもできることがあり
それが機能する仕組みさえ整えば、
人生が豊かになるということの
証明だと思います。


誰だって、人に必要とされたいし
そこに生きがいを感じることができたなら
どんなに幸せでしょうか。


私の想いをカタチにできるように
ワクワクしながら取り組みたいと思います。


https://m.youtube.com/watch?v=VycNz77oIms

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームなないろのたね

Author:チームなないろのたね
子供の時代から人生の山や谷を経て、3人それぞれの今があります。それぞれの、子供たちとの関わりから紡ぎ出されるブログです。

★ゆうくんママ
目黒区在住
自閉症スペクトラム児の母

★いるか先生
公立中学校の教員 通常学級の担任を経て、現在は特別支援学級の担任をしている。 3歳年下のダウン症の弟がいる。

★長岡純(ながおかますみ)
千葉県柏市在住。 20歳と24歳の娘たちの母。 長女は乳幼児突然死で早逝。ヒプノセラピスト 公認心理師
→ プロフィール詳細(「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。)

運営

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新コメント