[長岡 純  便り vol.18]子育ての結果は時差でやってくる〜メロンソーダで思い出した 自分を愛する力

グラスのメロンソーダ
2019年が始まりました。
皆様にとって佳き一年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

お正月は親戚の人たちに会う機会でもありますね。
わが家でも大勢の親戚が集まる機会があり、
その時じみじみ思ったことがありました。

皆で食事に入ったお店でのこと…。
親戚の小5の男の子がメロンソーダを注文しました。

シュワシュワーっと音を立てる鮮やかなグリーンの液体を
一口飲んだ彼は、顔をしかめ、すかさず一言
「薬くさくておいしくない。僕はいつものオレンジジュースか野菜ジュースの方がいい。」

はっきりと自己主張する姿のかわいいこと。
健康に育って欲しいと、
できるだけ身体によいナチュラルな食べ物で
育てられてきたのでしょう。
普段は見かけない鮮やかな色に惹かれてメロンソーダを頼んではみたものの、
という所でしょうか…。

それを見て私は、子供たちが小さい頃のわが家を
思い出しました。

当時私も、子ども達には
できるだけオーガニックな食べ物をと
気を配っていました。
あれはいい、これはダメと、
今思えばちょっと行き過ぎた面もあったけど、
それも子どもの健康を思えばこそでもありました。

マクロビオティックを習ったり、
いろいろな講習会にも行きました。
その時得た知識は今でもとても役立っています。

一方で、いろいろな知識を学べば学ぶほど、
私の不安の種も増えたような気もします。

何らかの力を加えれば、いつかその作用が現れるもの。
成長につれて、幼い頃の子育ての結果が
良くも悪くも出始めます。
そう、結果は時差でやってくるんです。

身体によい食べ物をと育てたその結果は、
どんなふうにそれが行われたかにもよるし、
人それぞれでしょう。

それによってどれくらい健康になったかは
測りようがありませんが、
好みや味覚にはその影響があるようです。

大きくなっても、
自然な食べ物を好む人もいるでしょうし、
味覚が繊細に育つ人もいるでしょう。
はたまた小さい頃制限されていた、
ジャンクフードのような食べ物へのあこがれが
強くなる人もいるでしょう。

ほぼ大人になったわが家の子どもたちを見てみると…。

二人とも添加物などの味には敏感で、
そういった食べ物は好きではないようです。
あの親戚の子供のようですね。

そのくせコテコテに添加物の入った
ジャンクなお菓子も食べます。
本人によると、これは子どもの頃食べられなかった
反作用だそうです。
チ〇ルチョコをこよなく愛し、
「20円の幸せ」と呼びます。

コンビニ弁当を食べることもありますが
美味しいとは思わないそうで、
自分達でお弁当を作って持って行きます。

サークルの合宿で1か月間毎日カップ麺を食べ続けたら、
体調を崩し、肌のトラブルが起こりました。
本人はその後しばらく自然な食べ物を摂ることで
リカバリーに努めていました。

あの頃の私は、子ども達の人生に対して
自分が全責任を負っているような気になって、
食べ物一つでも悩みながらの子育てでした。
気負わずもっと肩の力を抜くことができたら、
子育てがずっと楽だったでしょうに。
ま、それも今だから言えることですね。

同じ体に良い食べ物をというのでも、
あれはいいこれはダメというより、
これ美味しいね~、楽しいね~、と、
嬉しくて楽しい経験を一緒に味わうことを
もっとできていたらよかったな、と今は思います。

あとになって気づいたことは、
子どもは自分で自分の人生を創っていく力を持っているということ。
もともと子どもには、
与えられた環境をベースにして
自力で調整していく力が備わっているようです。

親が良いと思う環境を、
あまり無理せずにできる範囲で整えてあげることは
必要だと思いますが、
そこで大切なのは、その子がもともと持っている、
自分らしい人生を創っていく力を信頼することだ
と思います。

親がそこを信じてあげていたら、
多少のぶれがあっても、
いろいろな経験をしながら
次第に本来のその子らしい人なっていきます。

幼い頃親と一緒に味わった、嬉しくて楽しい経験が、
そのプロセスで大切になる、子どもが自分を愛する力、
自己肯定感を支えるのだろうと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームなないろのたね

Author:チームなないろのたね
子供の時代から人生の山や谷を経て、3人それぞれの今があります。それぞれの、子供たちとの関わりから紡ぎ出されるブログです。

★ゆうくんママ
目黒区在住
自閉症スペクトラム児の母

★いるか先生
公立中学校の教員 通常学級の担任を経て、現在は特別支援学級の担任をしている。 3歳年下のダウン症の弟がいる。

★長岡純(ながおかますみ)
千葉県柏市在住。 18歳と22歳の娘たちの母。 長女は乳幼児突然死で早逝。ヒプノセラピスト
→ プロフィール詳細(「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。)

運営

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新コメント