[長岡 純 便り vol. 8]おにぎりの秘密

おにぎり イラスト 手に梅干し
この春、娘の高校卒業と一緒に、私もいよいよ12年間のお弁当作りから卒業する。

嬉しいような、淋しいような、ちょっと複雑な心もちのこの頃。

娘の最後のお弁当のリクエストは、シンプルに

「おにぎり2個」

自分でいうのもナンだが、わが家では、

ごくごく普通のノリで巻いた「お母さんのおにぎり」が

押しも押されぬ人気のお弁当メニューだ。

娘曰く、

「お昼より、夕方のおにぎりが美味い」

つまり、

「朝作ってもらったお母さんのおにぎりは、お昼に食べるより、夕方食べる方がおいしい」

という意味だ。

さて、それはなぜか

ある日「おにぎり発酵食品説」なるもので娘たちが盛り上がった。

おにぎりは、握る手の常在菌による発酵食品だ、というものだ。

だから、昼よりも発酵の進んだ夕方の方が、おにぎりは美味しくなる。
(握る前にちゃんと手は洗っていますよ、いちおう ・ 笑)

おにぎり発酵食品説

なんだかアヤシイ感じもするけど、何となく説得力もある(笑)


私としては、「美味しくなあれ」「今日も元気にすごせますように」と、

握りながら込める母の想いが、おにぎりを美味しくしているんじゃないかなあ・・・

と秘かに思っているけど。



まあ、

常在菌、想い、どちらにしても、

「おふくろ」 は 「いぶくろ」 を握っているわね~ (うししし・・・) 

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームなないろのたね

Author:チームなないろのたね
子供の時代から人生の山や谷を経て、3人それぞれの今があります。それぞれの、子供たちとの関わりから紡ぎ出されるブログです。

★ゆうくんママ
目黒区在住
自閉症スペクトラム児の母

★いるか先生
公立中学校の教員 通常学級の担任を経て、現在は特別支援学級の担任をしている。 3歳年下のダウン症の弟がいる。

★長岡純(ながおかますみ)
千葉県柏市在住。 20歳と24歳の娘たちの母。 長女は乳幼児突然死で早逝。ヒプノセラピスト 公認心理師
→ プロフィール詳細(「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。)

運営

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新コメント