〈いるか通信 vol.6〉 いるかの弟🐬

今日はいるか先生ではなく

「わたし」の気持ちを書こうと思います。



私の弟は、

生後間もなく「ダウン症」

と診断されました。



医師からは

「30歳まで生きられないだろう」

と言われたそうです。


そう告げられた時の母の気持ち、

父の気持ちはどんなものだったでしょうか。



幼かった私も子供なりに、

弟を守らなければいけない、

弟は手がかかるから親に迷惑をかけてはいけない、

両親に甘えてはいけない、

私はお姉ちゃんなんだから我慢しなければいけない、



そう思いながら

過ごしていた記憶があります。

そして常に「良い子」を演じていました。




表層にとらわれ、苦しんだ日々。

どうして、私の弟は障害者なの?

どうして、言葉が話せないの?

どうして、うなり声をあげるの?

どうして、見た目が人と違うの?

どうして、「普通」じゃないの?



その弟が、私が高校一年生の時に

家庭の事情で

障害者施設に入所することになりました。




その時の私の気持ちは、

「弟を施設に入れるなんて、どうしてそんなひどいことをするの?」


という親に対する怒りと、


正直、

「これで私は自由になれる」

というものでした。




しかし、自由になれたはずの私に

常につきまとうことになったのは

「罪悪感」

です。




友達と出かけたり好きなことをして、

楽しめば楽しむほど、

そんな自分が許せなくなるのです。



心の底から楽しめない、笑えない

そんな毎日でした。



そしてその感情の塊は、

自分を責め、

親を責め、

心を闇が占領していったのです。



少なからず、

障害者がいる家族は

こんな心の闇を抱えて苦しんでいると

自分の経験から思います。




けれど

「自分が我慢するしかない」と、

自分の本当の気持ちや

やりたい事に

目をつぶり、蓋をして

心や身体のバランスを崩してしまう。



この「我慢」は

しなくてはならないことなのでしょうか?





自分がこんな経験をしたからこそ、

これから活動していきたいことが、

たくさんあります。



「障害者の支援」

「家族の支援」

「忘れられがちな、兄妹の心のケア。」



これらを、どんな形で実現させていくか?




「支援」というと

堅苦しく…

重たい…

そんなイメージになりがちですが、



私の性格上、それは難しいので

とにかく、



笑って❣️

明るく❣️

楽しく❣️



をモットーに

何かできないかな〜と考えています。




コメント

非公開コメント

プロフィール

チームなないろのたね

Author:チームなないろのたね
子供の時代から人生の山や谷を経て、3人それぞれの今があります。それぞれの、子供たちとの関わりから紡ぎ出されるブログです。

★ゆうくんママ
目黒区在住
自閉症スペクトラム児の母

★いるか先生
公立中学校の教員 通常学級の担任を経て、現在は特別支援学級の担任をしている。 3歳年下のダウン症の弟がいる。

★長岡純(ながおかますみ)
千葉県柏市在住。 20歳と24歳の娘たちの母。 長女は乳幼児突然死で早逝。ヒプノセラピスト 公認心理師
→ プロフィール詳細(「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。)

運営

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新コメント