[長岡 純 便り vol.16]  ある台所の風景

伸びる家族の影


私がこよなく愛する時間、早朝散歩。

朝6時、通りがかりにふと目をやると、
あるお宅の全開の扉越しに、
台所の様子が目に飛び込んできた。

若いお母さんが台所で、
ギュッギュッと力を込めて
小さな水筒の内側を洗っている。
あ、幼稚園に通う息子さんの水筒だな。

その後ろには
1歳と2歳くらいの幼い2人が
おもちゃを取り合っているらしく、
競うようにして大きな声で泣いている。

よくある家族の風景だけど。。。

なんだか心が揺さぶられて、足が止まった。

ヒプノセラピーでよく出て来る風景そのままだ。

さまざまな生きづらさを訴えるクライアントを、
その生きづらさの元となっている場面へと誘導すると、
台所に立つお母さんの後ろ姿を見ている、
幼い頃の自分の視点に入ることがよくある。

そこで、目の前のお母さんの心の内を見てみる。
すると、
お母さんは家族のためにやらなくてはならないことで
いっぱいで、
泣く子に振り向く心の余裕もない。

一方で、子供は
そんなことは知る由もない。

子供の心には、
お母さんを求めても満たされなかった想いや、
応えてもらえなかったという
悲しみやあきらめの気持ちが生まれる。

それは、
自覚のないところで
潜在意識の深みに記憶され、
その人の人生を、
良くも悪くも彩っていく。

今朝のこの一場面が、
あのお母さんや幼い子供達それぞれの人生に
どんな色合いを添えるのかな・・・
そんな想いで私の心はサワサワした。

人生という料理にはこうやって、
好むと好まざるとにかかわらず
塩味や苦みやいろいろなスパイスが足されていく。

人はやがて、
様々な経験を通して、
それらに気づき、または調整しながら、
ちょうど良い味を求めて
人生を熟成させてゆく。


お母さん、お疲れ様。
そして、
子供達それぞれの人生が豊かに彩られますように。

今日も佳い一日を❤️

プロフィール

チームなないろのたね

Author:チームなないろのたね
子供の時代から人生の山や谷を経て、3人それぞれの今があります。それぞれの、子供たちとの関わりから紡ぎ出されるブログです。

★ゆうくんママ
目黒区在住
自閉症スペクトラム児の母

★いるか先生
公立中学校の教員 通常学級の担任を経て、現在は特別支援学級の担任をしている。 3歳年下のダウン症の弟がいる。

★長岡純(ながおかますみ)
千葉県柏市在住。 18歳と22歳の娘たちの母。 長女は乳幼児突然死で早逝。ヒプノセラピスト
→ プロフィール詳細(「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。)

運営

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新コメント