[長岡 純 便り vol.14] 子は親の鏡

bb96b0212392203b864395076ffb4f4c_s.jpg
他人を大切にできるようになるには
まず自分を大切にしましょうって
よく言うけど

実際、自分を大切にするって
どういう事なんだろう?

絶賛 自分見直し中 の私は
この頃よく思う。


先日・・・
母の86回目のお誕生日を祝う
イタリアン・レストランでの
身内のささやかな集まりでのこと。

テーブルに置かれた私のワイングラスに
小さな汚れが・・・

それに気づいた我が娘、
すかさず自分のグラスと交換してくれた。
自分が使うという。

手前味噌だけど(笑)
私の子どもにしては
できた娘である。

心優しく
サービス精神もある。

が、一つ気になったことがあり
私は彼女に言った。

私 「ありがとう。でも○○が汚れたグラスを使う必要はないと思うよ。」

すると、こう返ってきた。

娘 「え?だっていつもお母さん自分がそうしているじゃない。
私はそれを真似てるだけだよ。」

あちゃ~っ!!
そうだったのね・・・・・

子は親の鏡。
無意識のうちに親と同じことをしているんだね。

私が何が気になって彼女に言葉をかけたのか?
そのあたりは読者一人一人の中で
考えてみていただけたらと思う。

それにしても
親の皆さま、

良きにつけ悪しきにつけ

自分は子供の無意識にすり込まれる
一番身近なお手本であること、

ゆめゆめお忘れなきように〜


プロフィール

チームなないろのたね

Author:チームなないろのたね
子供の時代から人生の山や谷を経て、3人それぞれの今があります。それぞれの、子供たちとの関わりから紡ぎ出されるブログです。

★ゆうくんママ
目黒区在住
自閉症スペクトラム児の母

★いるか先生
公立中学校の教員 通常学級の担任を経て、現在は特別支援学級の担任をしている。 3歳年下のダウン症の弟がいる。

★長岡純(ながおかますみ)
千葉県柏市在住。 18歳と22歳の娘たちの母。 長女は乳幼児突然死で早逝。ヒプノセラピスト
→ プロフィール詳細(「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。)

運営

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新コメント