[長岡純 便り vol.11]初めての入園式で気づいたこと

20180409161517ae2.jpeg
3~4月は、卒業・入学のシーズン。

実は私は毎年巡って来るこの季節が苦手。

移ろう不安定な天候と、

子ども達それぞれの新たなる世界への旅だち。

温かい風が吹いて来ると、

胸がザワつき、キューっと締めつけられる。



19年前、母親として経験した初めての幼稚園の入園式。

それは、当時3歳の次女の入園式だった。

長女は生後3か月のある日、突然天国に旅立ってしまった。

だから、次の子が3歳まで無事育ってくれた奇跡に安堵して、

そして、それまで100%私の手の中にいた子が、

社会に向かって小さくて大きな一歩を踏み出そうとしていることに、

感動で心が震え、

そして淋しくて、

子どもたちの列に並ぶ不安げな次女を見ながら、

あとから後から涙があふれてきた。

まったく自覚はなかったけれど、

それまでの3年間自分の心の内が、

どれほど激しく揺れ動いてきたのか、

初めて気づいた日でもあった。

【いるか通信 vol.8 2018新学期】

じゅんじゅん 満開の八重桜
いよいよ明日から新学期。
3月に、5名の素晴らしい卒業生が巣立ち、明日は新入生が1人が入学をして、本年度は6名の生徒と共に歩んでいきます。

みんなの魂が、本来の輝きをさらにキラキラと輝かせることができるように、精一杯のお手伝いをさせていただくつもりです。

本年度から、瞑想とヨガの時間を2時間に増やします。実践報告を楽しみにしてください。

プロフィール

チームなないろのたね

Author:チームなないろのたね
子供の時代から人生の山や谷を経て、3人それぞれの今があります。それぞれの、子供たちとの関わりから紡ぎ出されるブログです。

★ゆうくんママ
目黒区在住
自閉症スペクトラム児の母

★いるか先生
公立中学校の教員 通常学級の担任を経て、現在は特別支援学級の担任をしている。 3歳年下のダウン症の弟がいる。

★長岡純(ながおかますみ)
千葉県柏市在住。 18歳と22歳の娘たちの母。 長女は乳幼児突然死で早逝。ヒプノセラピスト
→ プロフィール詳細(「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。)

運営

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

最新コメント